ゲーム学科(仮)展 -つづきから-/ Virtual Department of Games – Continuation

作者|Author 薄羽 涼彌 / Ryoya Usuha
共同制作者|Co-author
制作年|Year 2018
URL

作品内容|About this work

【あらすじ】昨夏開催の「東京藝術大学ゲーム学科(仮)」展に参加した薄羽涼彌は、慣れ親しんだCGアニメーションのフィールドから出発し、ゲームという新大陸に着陸する。そこで待ち構えていたのは、客席に座った「見る人」ではなく、コントローラーを握った「遊ぶ人」という存在だった。この驚きも束の間、翌年には次なるチャレンジ「第0年次」展の扉が出現する。

【遊び方】扉の先で薄羽が辿ったプロセスをリプレイするための装置が会場内に設置されており、会期中にアクセス可能です。

Overview: Ryoya Usuha departed from the familiar field of CG animation and landed in the new world of games with his participation in last summer’s “Virtual Department of Games” exhibition. Waiting for him there were not seated “viewers,” but rather “players” holding the controls. This surprise was fleeting, and the following year the portal to the next challenge of the “Vertical Slice” exhibition appears.

Game play: Devices for replaying the process traced by Usuha beyond the portal are set up in the venue and can be accessed during the exhibition.

メンター / Mentor
貫田 将文( 株式会社 Luminous Productions / Luminous Productions Co., Ltd.)